カラコンレポblog > カラコンコラム > レンズの使用感に満足してる?カラコンの含水率に注目をしよう

レンズの使用感に満足してる?カラコンの含水率に注目をしよう

Pocket

理想どおりに盛れるというだけではなく、可能であれば快適な着け心地のカラコンを使いたいものです。装着中の乾きや違和感が気になって、しょっちゅう目薬のお世話になっているかたも少なくないでしょう。
レンズの使用感に不満を感じている場合には、カラコンの含水率に注目をしてみてください。文字通りレンズに含まれている水分の割合で、50%を基準としてそれ以上のものを高含水率、それ以下のものを低含水率に分けています。そして、この含水率がレンズの着け心地を大きく左右するものなのです。
何となく、水分が多く含まれているレンズのほうが優れている、目に優しいと感じるかたは少なくありません。また、目が乾きやすいかたほど水分量の多いものを選んでしまうという話もよく聞かれますが、果たして正しい認識なのでしょうか。

着け心地抜群の高含水率カラコンと問題点

高含水率のレンズの一番のメリットは、何といっても着けた瞬間の潤い具合です。水分を多く含んでいることからゴロゴロしにくく、普通のレンズより厚みのあるカラコンでも、ナチュラルな装着感のものが多くなっています。
ですが、装着時間が長引くほど含まれた水分の蒸発量も多くなっていきてしまいます。レンズが分泌された涙を吸収してしまうため、ドライアイのかたが長時間装着すると余計に目の乾きを覚えやすいのです。

着け心地はイマイチでも目の渇きに強い低含水率カラコン

低含水率のカラコンは目のフィット感があまりなく、着けたては多少ゴロゴロしてしまいます。装着感に慣れずに苦手としているかたがいますが、しかし、長時間利用しても蒸発する水分量が少ないため、乾きを覚えにくいのが特徴です。
ドライアイのかたに適しているのは、低含水率カラコンになります。酸素透過率が高いため、長時間の装着でも疲れ目になりにくいのが特徴です。

自身の求める着け心地のカラコンを選ぼう

含水率の高低には一長一短があります。自身の瞳のタイプや悩み、求める装着感などを考えていって自分に合ったものを選べるように、正しい含水率の知識を身につけておきましょう。
含水率でレンズを選んでいけば、自身にとって理想的な使い心地のものを見つけられます。

カラコンコラム

口コミレビュー